読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事図解

時事問題を中心に気になることを図解しています。図解依頼募集中!

その他

ストラテラ服用4日目以降

この日は都合が悪く、ストラテラを飲むのが遅くなりました。 いつもは7時30分に服用するのですが、電車に乗り遅れる関係で、職場で飲むことになってしまいました。 すると薬で抑えられていたADHD的な症状が次々と現れました。 ADHDの見る世界、それは際限…

ストラテラ服用3日間

一番のきつい副作用:眠りが浅い 久々に悪夢を見ました。眠りが浅いのでしょうか。 内容は中学時代の担任にテストの点数で白い目で見られるというもの。こんな夢は初めてです。 代わりになのかは分かりませんが、いつもよりも寝覚めが良かったです。 ただ、…

ストラテラ服用2日目

ストラテラの服用記録2日目です。 やっぱりきちんと効いている。 今日は朝からストラテラを服用しました。 昨日の変化はプラセボ効果かなと思っていましたが、1時間もすると効果を実感してきました。 まずは気持ちの落ち着きです。 今まで、いつも何かに急き…

ストラテラ体験記 服用一日目のこと

前回はいきなりストラテラを処方されたお話でした。 渡されたストラテラは1日合計40ミリグラム。これを朝晩2回に分けて飲むように指示されました。 お薬をいただいたのが午後の4時ごろ。 さっそく今晩から飲んでいいと薬剤師さんに説明を受けましたので…

ADHDを疑った自分が、心療内科に行き、即座にストラテラを処方された話

ADHDという発達障害をご存知ですか? ごく簡単に言えば、「不注意、落ち着きがない」ことで日常生活を困難な症状のことを指します。私の場合ですと、不注意で単純な書類仕事でミスを連発したり、同じミスを繰り返したりするのが顕著な症例です。 発達障害の…

アリティア脱出! アリティア騎士団が最初に選んだ落ち延び先は?

我々が知る「暗黒竜と光の剣」の物語は、マルスがタリスから挙兵する場面から始まります。辺境の島国タリスだからこそ、マルスは生き延びることが可能だったのは疑いようもありません。 しかし、アリティア騎士団は最初からこのタリスを落ち延び先に選んでい…

スマホ版ロマンシング・サガ2を始めてしまいました。

「やるべきか、やらざるべきか・・・」 延々と悩んでおりました。 スマホでロマサガ2ができると知った時からずっとです。 (最近、通勤時間長いしなあ、やるにはもってこいなんだよなあ・・・) (でもこの手のアプリ、クリアしたためしないんだよなあ) い…

アカネイア大陸の航海熟練度は?

まず、ネットで割と一般的な言説として「当時のアリティア大陸は航海術未発達だった」というものがあります。 理由はゲーム内で隣にあるバレンシア大陸との交流がほぼ描かれていなかったこと挙げられます。 アリティア大陸と、バレンシア大陸が隣接している…

アリティア海運国説とジェイガンの地位

この考察の大元は「考えるたのしむ」のとげげ氏の説に由来します。 アリティアという国は、元は同じ国であったグラを含めて島国であるとされています。 我々の世界で言うと、イギリスのようなものなのでしょうか。 とげげ氏も言及していますが、暗黒戦争で4…

ファイアーエムブレム紋章の謎(SFC中心)を始めるにあたって

もし、自分がオタクだとしたら、自分をオタクコンテンツに引きずり込んだきっかけはなんだったのか? たまにネットで見かける話題ですが、今思えば、私の場合は箱田真紀さんの「ファイアーエムブレム」だったと思います。

もし、自分がオタクだとしたら、自分をオタクコンテンツに引きずり込んだきっかけはなんだったのか? たまにネットで見かける話題ですが、今思えば、私の場合は箱田真紀さんの「ファイアーエムブレム」だったと思います。 もともと原作のゲームは好きでした…

もしも、オーベルシュタインとキルヒアイスが意思疎通できたら

新年明けましておめでとうございます。 前回、キルヒアイスのifを考えていて思ったのですが、オーベルシュタインとキルヒアイスは、もうちょっと意思疎通できていれば、最悪の事態は回避できていたのではないかと思いました。

その他の記事

ここは、管理人が真面目な内容に嫌になったときにはっちゃけて書くためのスペースとなっています。 主に趣味のこととかを書くつもりです。 書かないかも。 まあ、それほどの意味しかないページです。

キルヒアイスが生きていれば(1)

(1)と書きましたが、(2)以降はいつ書くかは不明です。 銀英伝を読み返して思ったのですが、リップシュタット戦役にてラインハルトはキルヒアイスに辺境星域を平定させていましたが、これは普通に考えれば、明らかにミスですね。 辺境星域での功績は、…

もしもエルウィン・ヨーゼフに奇跡がおきたなら

傀儡として望まぬ玉座に座らされ、あえて躾のなされぬまま育成され、駆け引きのために誘拐され、ついには行方不明になってしまったゴールデンバウム王朝最後の皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世。 「その終わるところを知らず」と歴史書に書かれたことから本当に…

宇宙時代の食糧事情

今日はifというよりも疑問を書いてみます。 イゼルローン要塞は完全自給自足が可能なのに、なんで他の星はそれができないのだろうか、ということです。 物語上、イゼルローン要塞は、食料からミサイルまで完全に自給自足ができる要塞として描かれています。…

その後のユリアン

言わずと知れた作者、田中芳樹さんはエンディングをユリアンで終えるか、それともミッターマイヤーで終えるかで迷ったそうです。結局、赤ん坊のいるミッターマイヤーが物語を終える役割を負ったわけですが、ユリアンも物語の最後に去就を尋ねられて、まだ何…

もし、ジェシカ・エドワーズが生きていたら

大きな話が続いたので、小さな話題を考えてみました。 ヤン・ウェンリーはジェシカ・エドワーズが生きていたらフレデリカと結婚したか?

自由惑星同盟の採るべきだった本当の政略

物語終結時、自由惑星同盟はラインハルト率いる帝国側によって滅亡させられてしまいました。 しかし、政略さえしっかりしていれば、仮にヤン・ウェンリーのような軍事的天才が居らずとも帝国側に勝つことが可能であったのではないかと考えております。

アスターテ会戦後、同盟はこの先生きのこることはできたか

前回まで書いて、銀英伝の帝国側はほんと人材の宝庫だなとつくづく感じた次第ですが、今度は同盟側のifを楽しんでみたいと思います。

続・宰相ミッターマイヤーの業績~七元帥の落ち着き先~

前回のあらすじ 帝国の新首都建設は、ミッターマイヤーがイゼルローンの白い魔女を口説けるか次第。 さて、今回は帝国軍の人事について。 特にミッターマイヤーの後継者の宇宙艦隊司令官、統帥本部総長、軍務尚書はどうなるのかです。

宰相ミッターマイヤーの業績

前回はミッターマイヤーが政治の舞台に足を踏み入れざるを得なかったのではないかと書きました。 今回は、それでは宰相ミッターマイヤーは何をしたのだろうかということを書いてみます。

宰相ミッターマイヤー

余計な前置き 本当は別のことに使うブログのつもりでしたが、いろいろと予定が変わってしまい、このブログでやるべきことがなくなってしまいました。せっかくなので、何かやりたいなと考えた結果、アニメもあることだし、銀河英雄伝説の今まで溜め込んでいた…